理学療法士の専門学校に必要な費用を大公開

通学する期間やかかる費用

施術

短大と大学の各メリット

理学療法士の国家試験を受けるためには、養成課程のある大学や短大で、原則として3年間学ぶ必要があります。そして指定されている内容の学習を終えれば、受験資格を得ることができるのです。したがって短大を選択した場合でも、通学する期間は3年となります。短大では一般的に修業年限が2年とされていますが、理学療法士を目指す場合は、3年間通うことになるのです。一方大学の場合は、通う期間は通常と同じ4年となります。学費に関しては、学習する年月が1年分少ない短大の方が、安めとなっています。具体的には、理学療法士の養成課程における学費は、大学の場合は4年分で約600万円が、短大の場合は3年分で約400万円が相場なのです。そのため、より支払いの負担を少なくするために、短大を選択するという人も多くいます。ただし短大の場合は、理学療法士になるために必要となる内容を中心に学んでいくことになります。それに対して大学では、卒業までに一般教養や英語など、より広範囲の内容を学習します。その分博識となるので、理学療法士以外の未来も選択できるようになります。また学歴が大卒となるので、短大卒の理学療法士と比較すると待遇が良いことが多く、その点もメリットとされています。待遇が良い分、多くかかった学費も、比較的スムーズに回収できると言えます。さらに大学卒業後には、追加での学費の支払いが必要となりますが、大学院に進学することもできます。進学により、理学療法士としての専門知識をより多く得たり、研究職に就いたりすることが可能となるのです。