理学療法士の専門学校に必要な費用を大公開

気になるお金の相場

治療

学校により違う

リハビリの専門職として、病院等に就職できる理学療法士。現在は医療分野だけではなく、介護分野でもリハビリの重要性は高くなっています。その為、病院以外に介護保険適用の施設や、訪問リハビリ事業所等、多くの就職先があります。病により失われた機能をリハビリにより回復を目指すだけではなく、高齢者の予防リハビリも行います。理学療法士になる為に学ぶ事により、病だけでなく身体の機能回復全般に関われる技術を習得する事ができます。理学療法士になる為には、必ず国家試験に合格する必要があります。その国家試験は誰でも受験する事はできません。受験資格を得る為に、養成機関に入学する必要があります。理学療法士の養成機関には、大学と3年制の専門学校、4年制の専門学校があります。学費は学校により多少の違いはありますが、差が出るのは上記3つです。3年制の専門学校では、1番期間が短い為、学費は安くなります。安いといっても、年間100万円程必要です。4年制では、1年多く通うのでその分の100万円程卒業までに掛かります。大学は基本的に理学療法士以外に学士の資格取得も目指す場所です。その為、理学療法士に必要な科目以外も授業があり、学費も平均年間で130万円程必要です。最近では学費も上記の各学校より安い、夜間クラスを開設している学校も多くなっています。基本的に4年制であり、年間80万円程が相場になっています。どの学校でも最終的に目指すのは理学療法士の国家試験合格です。しかし学ぶ所により、様々な経験ができるので、学費や期間だけではなく、自分に合う学校を選ぶと良いでしょう。