理学療法士の専門学校に必要な費用を大公開

奨学金を利用する

治療

民間の医療法人をチェック

リハビリの分野で活躍する理学療法士。高齢化社会を迎えるにあたり、とても注目される医療専門職です。理学療法士になるためには、国が指定する養成学校で必要な単位を修めなければなりません。ところで気になるのが理学療法士向けの養成学校の学費ですが、これは機関ごとで異なります。例えば、私立の4年制の大学や専門学校での学費は少なくとも500万円以上かかるといわれています。3年制の専門学校や短期大学でも学費相場は約400万円程度です。理学療法士は人気の資格ですが、かなり高い学費を支払わなければ国家試験を受けることができません。学力や能力はあるのに、経済的な理由で理学療法士の夢を諦めるのはとてももったいないことです。しかも医療分野の人材は不足気味であるため、医療現場では人の確保が課題となっています。そこで不足する人材を埋める目的で、民間の医療法人などが特定分野の学生を対象とした奨学金制度を作っています。特定分野の中には理学療法士も含まれていることが多いです。特に民間の医療法人の場合、その奨学金を利用して医療系の養成機関を卒業した後、一定期間その医療法人の関連する病院や施設で勤務すれば奨学金の返済が免除となるものがあります。もちろん医療法人によって貸与金額や返済免除になるための勤務年数は異なるので、入学する前に確認しておくと良いでしょう。奨学金の申し込みは入学した養成学校を通じて申し込みますが、もし就職を希望する医療機関があれば、奨学金制度の有無を予め調べておくことをおすすめします。

大学か専門学校か

理学療法士の資格を取るために学校で学ぶのであれば、大学に進学するか専門学校に通うかの選択となります。専門学校の場合は学費が100万円以上するのですが、国公立の大学に通えばその学費はかなり抑えることができるようになります。

通学する期間やかかる費用

理学療法士の受験資格は、短大の場合は3年、大学の場合は4年学習すれば得ることができます。トータルでの学費は、短大の方が200万円ほど安いので、短大はその点から人気があります。一方大学も、理学療法士以外の職に就いたり、大学院に進学したりといったことが可能ですし、学歴も大卒となるため注目されています。

気になるお金の相場

理学療法士の学校は、大学や専門学校により違いはありますが、100万〜150万円が年間の学費相場になっています。理学療法士としてのリハビリ技術や知識を身に付ける事ができます。その資格はニーズが高く、病院や施設問わず就職可能です。